トレンドブログを実践しようと思った理由。初心者が稼ぎやすいから?

目安時間 6分

 

トレンドブログを2020年4月20日から実践し始めました。

 

ブログを本格的に始めたのは2017年。

 

ブログを始めて3年目にしてなぜトレンドブログを始めようと思ったのかこれから実践記をかいていくにあたりお話しします。

 

 

 

トレンドブログを実践しようと思った理由

 

今までは何か特定のものを集中して記事にしていく特化ブログや生活お役立ち系のブログしか書いたことがなかった私。

 

書いてもなかなか思うように報酬が伸びない日々に正直うんざりしておりました。

 

でも、いつかは稼げるようになる!それを信じてやまないことはなかったんです。とりあえず、いつかは稼げるようになるはずだ!と記事を書き続けていました。

 

でも…

 

めんどくさい。

というか、成果に現れない。

なんだこれは。

 

とぶつぶつ言いながらやっていたときに、たまたま書いた記事がヒットしたんです。

 

そのヒットした記事に書いていたキーワードは新しいキーワードのトレンドネタだったんです。

 

このサイトは2019年7月から始めて3か月。たいしたアクセスはないものの毎日書き続けていたんですよ。それでも1日10PVにしかならない状態でした。

 

ですが、このサイトが急に60倍になったんです!!正直行ってしょぼいです。

 

10PVの60倍って600PVですから。

 

でも、今まで10PV止まりが60倍ってすごくないですか!?

 

しかも、物販アフィリエイトも絡めていたので報酬としては837円入ったんです。

 

1000円にも満たない報酬ですが、初めての1日で3桁の報酬です!!

 

その後は、またいつものアクセスがあまりない状態が続いたのですが、度々アクセスが一時的に増えることがあったんです。

 

その一時的に増えた要因もトレンド系の記事でした。その時話題になっていた商品を紹介したこと。

 

たまたま書いた記事がトレンド系ではあるもののいつもの記事よりはアクセスが来るのが明確でした。

 

ということで、トレンドブログを実践しようと思ったわけです。

 

 

単純ですが、法と秩序に反しない限り、稼げればいいですよねー!!

 

 

ここからトレンドブログの実践を始めるわけですが、まず最初にぶちあたった壁がこちら。

 

 

トレンドブログを実践するには新規サイトと既存サイトどっち?

 

トレンドブログを実践するのにどのサイトでやるか悩みました。

 

・新しいサイトを立ち上げて実施するのか

・今あるサイトに記事を増やしていくのか

 

大して稼げていない今あるサイトに集中するより、新規一転やり直した方がきれいなサイトになるのではないかという思いから新しいサイトを立ち上げようとしていました。

 

ですが、今までよかれ悪かれ書いてきて少しずつですがアクセスも報酬も伸びてきているのでそれを放置するのはもったいない。

 

目的はブログで稼ぐことで、綺麗なサイトを作ることではないと割り切って今メインで書いている既存サイトに記事を書いていくことに決めました。

 

その後、この選択が転機となります☆彡

 

 

トレンドブログを実践する既存サイトのスペック

 

この既存サイト、大したスペックではございません。

 

・1日のPV数   500未満
・アドセンス報酬 3000円

 

※1か月前にある商品の効果を書き込んだ記事がヒットして3500PV/1日超えを数週間続いていたんですがこの爆発した記事は圏外に飛ばされ、アクセスは右肩下がりの中トレンドブログを始めたのです。

 

 

何かお手本となる教材はあった?

トレンドブログを始めるにあたり、今まで行き当たりばったりでトレンドネタを書いていたのでどういうところからネタを探してどのように書いていけばいいかさっぱりわからなかったんですよね。

 

このまま進めてもいくらトレンドを中心にといってもネタが見つからなくなって記事が書けなくなってしまう…

 

こんな危険すらあったので、私の道しるべとなってくれる教材を使ってトレンドブログを始めることにしましたよ。

 

その教材がこちらです。

 

 

 

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。