ブログ外注化のために初めてのお仕事依頼は承認されませんでした:外注化実践記準備編

目安時間 8分

FAAP外注化実践記

 

外注化をついにスタート!!

 

そこからの進み具合はとんとん拍子でした。

 

なぜなら、やることが明確になっていたから。

 

クラウドワークスに登録してお仕事を依頼する!!というところまでが前回のお話。

 

前回の内容はこちらからご確認できます。

 

外注化スタート

 

ただ、この後のつまずき具合は悲惨なものでした。

(自分が悪いんですが・・・)

 

ということで、お仕事を依頼してどうなったかをこれからお話していきます!!

 

それでは行ってみましょう♪

 

外注ライターさんのお仕事募集はクラウドワークスからあっけなく却下

お仕事を依頼すると、仕事内容についてクラウドワークス側での審査が入ります。

 

審査といってもGoogleアドセンスのような数日間の長い審査ではなく、基本的には数時間で完了するものです。

 

どのように審査されているかはわかりませんが、ざっと(ちょっと雑です)

 

・仕事内容がしっかりしているか

・金額が明確か

 

等、ありますがお仕事ガイドラインというものがあり、それに違反している内容は承認されません。

 

ガイドラインや規約を確認しつつ、お仕事募集の登録をした私の結果はというと、

 

見事合格!ではなく、不合格=非承認となりました(´;ω;`)ウッ…

 

なんと、出だしからつまずいたわけですね。。

 

ただ・・・なぜ承認されなかったのかはすぐにわかりました。

 

 

外注化お仕事募集の却下の理由とは?

ガイドラインに抵触する言葉は書いていないはず。

 

では、なぜ募集が却下されてしまったのでしょうか・・・

 

考えてみたんですが、

 

サンプルそのままコピペしただけなんですよね。

 

そう。

 

サンプルそのままコピペしただけなんです。

 

サンプルそのままコピペしただけ。

 

そのままコピペしただけ。

 

 

ん??そのままコピペ!?

 

そう!!

 

問題はこのコピペにあったのです。

 

じっくり募集する仕事内容を読み直していればすぐにわかることですが、

そのままコピペしたんですよね。私。えぇ。

 

ということで、

 

自分の言葉に変えなければいけないところまでそのままコピペしてたんですΣ(゚Д゚)

 

金額や名前の部分については、〇〇〇と書かれているので、

 

本来であればその〇〇〇を置き換えて書かなければなりません。(当たり前)

 

そりゃ、承認されるわけありませんよね。

 

 

クラウドワークス側もしっかり文章の中身まで見て下さっているんですね。

 

あとあとのトラブルになるところですから、安心できました(おい。笑)

 

原因がわかったので、

急いで書き換えて、もう一度一通り読み直ししていざ依頼!!

 

今度は金額もよし!名前もよし!

 

なんですが・・・

 

またもや非承認という結果に。。。

 

再度の非承認。その理由とは?

今度は、〇〇〇もしっかり置き換えてちゃんとした文章。

 

依頼内容もばっちり。

 

のはずだったんですが、なぜか承認されなかったんです。

 

ガイドラインを読んでも理由がわからない。

 

よくある質問などを見ても理由がわからない。

 

これでは一向に外注化がスタートできない!!!

 

ということで、クラウドワークスに問い合わせてみることにしました。

 

ちょっと余談ですが、この問い合わせに対するクラウドワークスの返答がとても丁寧なこと。

 

さすが大手で問い合わせ体制もしっかりしているんですね。

 

さらに信頼度が増しました。

 

というのはおいておいて、この問い合わせで理由がわかりました!!

 

クラウドワークス側からは、「これがダメです。」という明確なお返事はいただけないのですが、自分で気づけるようにヒントが隠されておりました。

 

そこでわかったのが、

 

サンプル記事に対しての報酬が明確になっていなかったこと。

 

外注ライターさんは応募があったらすぐに採用するわけではなく、こちらで審査をします。

 

まずはサンプル記事で契約してもいいライターさんか判断するんですね。

 

例え今後の契約はありませんということになっても、

 

サンプル記事の1記事は書いてもらうわけですから報酬は支払わなければいけません。

 

その記載が明確でなかったことが原因でした。

 

マニュアル通りにサンプルの依頼内容をそのままで応募したはずなんですが、

 

なんと、私、古いサンプルを使っていたようで却下となってしまいました。

(今は教材側のサンプルも改定されています)

 

クラウドワークスもお仕事内容の確認は日々行っており、だんだんと厳しくなっています。

 

クラウドワークスを使わせてもらっている以上、前はよかったで済ますのではなく、

ここはしっかりとルールに従う必要がありますね。

 

ということで、

 

お仕事の募集が却下された理由は、

 

サンプル記事についての報酬の支払いが明確でなかったことでした。

 

そこを明確にしたら、今度こそ、承認されて私の仕事が公開されることに!!

 

 

お仕事の募集ページ作成から登録までのまとめ

お仕事の募集ページが外注さんに見られるようになるには、

 

クラウドワークス側の審査に通らないといけません。

 

その審査に合格して初めて外注さんの募集がかけられるんですね。

 

私は、今回サンプルのお仕事募集記事があるので安心しきっていましたが、

 

今後のためにもしっかり確認してお仕事は依頼をかけないとなと学びました(^^;

 

また、改めてガイドラインはしっかり読み込むこと。をおすすめしますよ。

 

 

次回は、仕事の募集をかけたらすぐに応募が!の内容をお話します(^^)/

 

 

https://chocott-ad.com/gaichu/vol3.html

 

 

コメントフォーム

名前 

 

メールアドレス 

 

URL (空白でもOKです)

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。